高血圧の原因が遺伝かもしれない?とお考えの方も多いはず。遺伝は恐ろしいもので、ご両親に高血圧がいらっしゃるとあなたも高血圧になる可能性がグンと高くなります。

ご両親が高血圧だと、どのくらいの確率であなたに遺伝するのかまとめておきます。

遺伝が高血圧の原因
高血圧の原因を説明する医師

・片方の親が高血圧=30%の確率であなたも高血圧
・両親が高血圧=50%の確率であなたも高血圧


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・片方の親が高血圧で30%の確率

母親か父親どちらかが高血圧の場合、30%の確率であなたも高血圧になります。これは医学的調査で判明した結果なので、事実を受け入れるしかないです。

高血圧にならない70%に入るように、30代40代で食生活に注意していく必要があります。逆に言うと、この年代に注意しない30%の方が高血圧になると言えます。

・両親が高血圧で50%の確率

もし母親と父親の両方が高血圧の場合、50%の確率であなたも高血圧になります。かなり高い確率ですが、30代40代で注意していればならずに済む可能性も50%あります。

遺伝が原因で高血圧になる可能性が高い方は、30代~50代の生活習慣が高血圧になるかどうかの分かれ道とも言えます。

遺伝が原因の高血圧 2つの血圧対策がポイント
高血圧の対策はこれだ!という医師

・30代40代50代で生活習慣の改善を始める
・血圧測定を習慣化する
・30代40代50代で生活習慣の改善を始める

30代~50代で食生活に気を付ければ、遺伝が原因の高血圧にならない可能性が高いと言われています。糖尿病も遺伝が原因で発病しますが、糖尿病も早い段階で食生活を正せばならずに済むケースがとても多いです。

高血圧は一度なってしまうと治療するのに時間がかかる(一生治らない)ので、遺伝が原因の高血圧に心配がある方は、30代40代50代で気を付け始める事が大切なのです。

高血圧の原因高血圧の原因と対策:30代40代50代 の詳細

・血圧測定を習慣化する

遺伝的に高血圧になる可能性が高いと思う方は、早い段階で血圧測定を開始する事も大切です。血圧を測定して正常値(130/85未満)かどうか確認する習慣を身に付けるようにします。

「血圧測定を習慣化すると食生活に気を付けるようになる」という事が医学的調査から分かっていますので、遺伝的に高血圧になりやすいと思う方は、血圧測定を行って高血圧を予防していく事が大切になるのです。


スポンサーリンク