睡眠時間が5時間のグループと6時間のグループに分けて調査を行った結果、5時間のグループは6時間のグループに比べて、高血圧となる割合が37%も高い事が分かりました。

寝不足は高血圧の大きな原因の一つである事が証明された形となり、寝不足と高血圧の関係が注目されるようになりました。

高血圧と寝不足の関係と寝不足の解消方法をまとめておきます。

高血圧と寝不足の関係について
高血圧の原因を説明する医師

日中血圧は120mmHg前後で推移し就寝中は血圧が下がっていくのが普通ですが、寝不足の方は就寝中に血圧を下げる時間が足りません。

日中に塩辛い食事、水分の摂りすぎストレスなどで高血圧になってる方は、寝不足があると、一日中高血圧を継続してしまうという事になります。

寝不足が原因の高血圧は、次第に慢性的な高血圧となりますが、特に問題なのは夜間高血圧と早朝高血圧です。夜間高血圧と早朝高血圧は、日中だけ高血圧の人に比べて6倍も心筋梗塞や脳卒中になるという調査結果が出ています。

高血圧の原因早朝高血圧2つの原因

朝方に病院へ運ばれる方のほとんどが、この夜間高血圧と早朝高血圧が原因だと言われています。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


それでは、良く寝るためには何をすればよいか・・・

高血圧の原因「寝不足」を解消する方法
高血圧の対策はこれだ!という医師

睡眠時間が5時間以下の人は、7~8時間の睡眠時間の人に比べて、2倍高血圧になるというデータも出ています。つまり、寝不足が原因で高血圧になってる方は、寝不足を解消すれば高血圧が下がる可能性が高い訳です。

高血圧の方にお勧めできる睡眠不足解消方法は①入浴②運動の2つです。

高血圧の原因おすすめの運動ベスト5

入浴も運動もストレスを解消出来る誰でも簡単に出来るものです。入浴は気分のリフレッシュ効果、運動はストレス解消だけでなく血管を柔らかくして高血圧を下げる効果が期待できます。

また入浴も運動も、程度な疲労感をもたらして心地よい眠りに付けますので、寝不足解消には最適な対策と言えるでしょう。

もしこれでも寝不足が続くようなら、医師に相談して睡眠薬を使ってみるのも良いかもしれません。高血圧の原因となってる寝不足対策としてご検討いただければと思います。


スポンサーリンク